OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

地球にやさしいカード

 オーエムシーカードから封筒が来た。
 いつもの利用料金を知らせる封筒ではなく、お知らせのようである。
 中をすかしてみると、
「地球にやさしいカード」の切替えのご案内
という字が見える。
 すわ、不景気の折、とうとうこのカードも採算が取れないということでなくなってしまうのか、と残念に思いながら中を見ると、私が使っている「天神崎の自然を残す」のテーマがなくなるので、他のカードに切り替えてくれということだった。
 今後も存続ということで、まずは一安心である。
 
地球にやさしいカード HP 
 http://www.omc-card.co.jp/card/detail/eco/

地球にやさしいカードの内容
■ 寄付のシステム
「地球にやさしいカード」のカードご利用額の中から、弊社負担により0.5%が自動的に(財)緑の地球防衛基金を通じて保護・研究団体へ寄付されます。
■ 寄付の分配
寄付金額の30%は各テーマに均等に分配され、残りの70%はテーマごとのカード利用実績に応じて配分されます。

 地球にやさしいカードはオーエムシーカードが出している各種カードのうちの1種類。
 利用額の中から、オーエムシー負担により0.5%が自動的に(財)緑の地球防衛基金を通じて保護・研究団体へ寄付される。
 オーエムシー負担によりというのがミソですね。
 自分の懐は痛まないけど、向こうが一定の割合を寄付してくれるのです。
 どうせカードを使うのなら、こんなところのを使えばいいんではないでしょうか。
 このカード、自然保護をテーマにしているので、自然環境の綺麗な写真が付いているのもいいです。

「地球にやさしいカード」は寄付金制度を始めてから10年経過を機に、寄付団体の取りまとめ先である財団法人 緑の地球防衛基金と協議し、一定の基準のもとで寄付先の見直しを一年に一度行う事となり、「オホーツクの自然を守る」「柿田川湧水を守る」「天神崎の自然を残す」の3テーマは、誠に勝手ながら本年2月末日をもって終了させていただきました。

 ということで、私が使っていた「天神崎の自然を残す」は終了するので、他のテーマに変更してくれということでした。
 
 和歌山出身の私は、一度天神崎のナショナルトラスト運動に寄付したことがあり、それ以後何度か郵便物が来ていました。その中でこの「天神崎の自然を残す」のカードが紹介されていて、丁度パソコンをインターネットにつなぐためにクレジットカードを作る必要があったため、使ってみることにしたのです。
 
財団法人天神崎の自然を大切にする会
  http://www2.ocn.ne.jp/~tenjinzk/
田辺探訪おすすめコース 天神崎・元島
  http://www.tanabe-kanko.jp/course/tenjinzaki/index.html 


 
 なぜ地球にやさしいカードの対象から外れてしまったのだろうか。
 もう買い取りが成功して寄付金が必要なくなったということなのだろうか。
 天神崎の他に今回3つのテーマが外れている。
 1年に1度、見直しを行うといっているが、3つ減った一方、新しく加入したテーマはない。
 もしかして、年々段階的に縮小していずれは廃止、ということにはなりはしないだろうか。
 
 ともかく、存続が決まったテーマは以下の14種。
 
地球温暖化を抑える
オゾン層を守る
酸性雨を防ぐ
砂漠を緑に
熱帯雨林を守り育てる
マングローブ林を守る
ブナの原生林を守る
尾瀬の自然を守る
立山連峰の自然を守る
白保のサンゴを守る
ヒマラヤの自然を守る
ウミガメを守る
トンボの保護区を守る
アフリカ象を守る
 
どれかに決めて切り替え手続きをしなくては。
 
 現在および将来にクレジットカード作成を考えておられる皆様、こんなカードもあるのだと選択肢に入れて考慮されることをお願いします。
 
地球にやさしいカード HP 
 http://www.omc-card.co.jp/card/detail/eco/
 http://csr-report.jp/csr_report_cedyna_090416.php
 http://green-earth-japan.net/kifu_card.html
 
    

 ← 人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m  
      
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやリンク付きTBもお待ちしております。m(_ _)m