OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

ホームズ贋作展覧会

 ホームズ贋作展覧会 (河出文庫) ホームズ贋作展覧会 (1980年) (講談社文庫)
  
 河出文庫版と講談社文庫版の両方を古本屋で購入して所持していました。
 中身は同じです。
 ちなみに、
講談社文庫版の文字組は43字×20行 283ページ。
 河出文庫版の文字組は43字×19行 293ページ。
 解説は、巻末に各務三郎さんの4ページ程度。
 その半分以上が著者の生没年と各短編の原題と初出データ。
 各作品についての解題・解説はありません。
 ちょっと味気ない解説です。
 もう少し詳しい解説が欲しいところです。
 こういうパスティーシュ集を読むような読者は知識欲も豊富なので、蘊蓄のような解説を好むのではないでしょうか。私だけ?
  
 解題
 wikipedia:解題
  
4 コデイン(七パーセント溶液) (Codein-7 Per Cent)
 (クリストファー・モーリー)(吉野美耶子訳)
  
 S・ホームズに妹がいた!そしてその妹はあの人物と結婚していた!そしてその娘は太平洋戦争中、スパイとなって活躍していた!
 ホームズ原典を利用した暗号作成が見事!
 短いながらもホームズ原作からの引用が幾つもされ、読みどころある珠玉の名品!
  
8 〈引立て役倶楽部〉の不快な事件 (The Unpleasantness at the Stooges Club)
 (W・ハイデンフェルト)(高見浩訳)
  
 第1回世界名探偵会議に名探偵が出席して探偵が不在の期間中、〈引立て役倶楽部〉の敷地内で発生した不思議な殺人事件。被害者は何と……!そしてその犯人は……!
 名探偵の助手ばかりを集めた〈引立て役倶楽部〉というアイディアが面白い。相方の真似をして色々と議論するのだが……?
 数年後、ワトスン博士は犯人から送られてきた手紙で事件の真相を知る。
 しかし、第1回世界名探偵会議から帰って来た名探偵達が協力すれば解決したのでは?
 それとも、第1回世界名探偵会議はまだ続いているのだろうか?
 それとも、第1回世界名探偵会議で事件が発生して名探偵に何かがあったのだろうか?
  
6 怯える准男爵(The Adventure of the Frightened Baronet)
 (オーガスト・ダーレス)(田村源二訳)
      
 超常現象を思わせる不可解な事件もスッキリ解決!
 ホームズ物ライバル作品の代表作ソーラー・ポンス物。
 ホームズ原典に負けないくらい熱心なファンがいるというだけあって、確かに切れ味鋭い。他の作品も読みたくなってきた。
  
  
1 指名手配の男 (The Case of the Man Who Was Wanted)
 (アーサー・コナン・ドイル)(アーサー・ホイティカー)(日暮雅通訳)
 
 ドイルの作品だと思われていたが後に別人の作品だと判明したという。
 作品のトリックは素晴らしいが、犯人を逮捕しようとする過程が生ぬるい気がします。
 有無を言わずに早目にふん縛ってしまったらよかったのに。
(しかしそれじゃお話にならない。安倍が目指す独裁国家じゃないので民主的手続きも必要だし。)
  
2 珍本「ハムレット」事件(The Unique Hamlet: A Hitherto Unchronicled Adventure of Mr. Sherlock Holmes)
 (ヴィンセント・スターリット)(各務三郎訳)
    
 事件後に犯人はどんな気持ちで一晩過ごしたのだろうか。人間関係を思うと哀しい。
「書籍収集家は変わり者ぞろい」
 確かにそうです!

3 狙われた男(The Adventure of the Marked Man)
 (スチュアート・パーマー)(大村美根子訳)
   
 粋な男・ホームズの大岡裁き
  
5 消えた貴婦人(The Case of Missing Lady)
 (アガサ・クリスティー)(深町眞理子訳)
 
 あのクリスティーの作品。しかし結末は期待外れの感あり。(そう思うのは私だけでしょうか?)
  
7 テルト最大の偉人 (The Greatest Tertian)
 (アンソニイ・バウチャー)(伊藤典夫訳)
  
 火星人が地球を侵略して地球人が滅亡後、火星人がかつて地球に存在していたシェルク・オムスという人物について記述した事項という形を取っている。
 趣向は面白いのですが、少々難しくて理解しづらい。
 特に、名前の表記は「シェルク・オムス」と「シェルク・スペル」の2種類あって、この二人は別人という説もある、というくだりがあります。
 よく分からないのですが、シャーロック・ホームズシェイクスピアを混同しているということなのでしょうか。文脈では何とか想像がつくのですが、はっきりとは分かりません。
 他の作品もそうなのですが、この作品については特に、詳しい解説がほしいものです。
  
9 名探偵誕生 (A Double-Barrelled Detective Story)
 (マーク・トウェイン)(山本光伸訳)
  
 本書に収録された作品の中で最も長い作品。
 作者が作者だけに非常に期待したのですが、期待外れ。
 色々な人物が登場する、グダグダした展開の物語です。
 最初、名探偵を思わせる人物が登場して、彼が後にホームズに成長するのかと思って読んでいたら、最後の方で本物のシャーロック・ホームズが登場します。
 しかもこのホームズ、原典を冒涜するかのような盆暗に描かれています。
 ちょっとこれはないで。
  
 日本版 ホームズ贋作展覧会〈上〉 (河出文庫) 日本版 ホームズ贋作展覧会〈下〉 (河出文庫) シャーロック・ホームズ秘宝館 シャーロック・ホームズ 秘宝の研究 (宝島SUGOI文庫)
   
【クリストファー・モーリー】
  https://kotobank.jp/word/クリストファー%20モーリー-1634102
  http://ameqlist.com/sfm/morley.htm
  https://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1302.html
   ↑Baker Street Irregulars の設立メンバーということです。
  
晴読雨読ときどき韓国語
『幽霊書店』(クリストファー・モーリー著、林清俊訳、青空文庫
  https://nishina.exblog.jp/12429396/
  
【W・ハイデンフェルト】
  http://ameqlist.com/sfh/heidenf.htm
  
オーガスト・ダーレス
 wikipedia:オーガスト・ダーレス
  
ホームズ・パスティーシュの代表的シリーズ ソーラー・ポンズ
  https://www.aga-search.com/detective/solar_pons/
   
 wikipedia:指名手配の男
  
BBS In-Depth:「求むる男」は正典か? http://221b.cafe.coocan.jp/bbs02.html
  
人望厚いミステリ評論家 アントニー・バウチャー
  https://www.aga-search.com/writer/anthony_boucher/
  http://ameqlist.com/sfb/boucher.htm
 
  
本の虫、中毒日記
 大はずれ探偵小説/マーク・トウェインシャーロック・ホームズの災難 上)
  http://tontonme.blog85.fc2.com/blog-entry-416.html
 
  
ホームズ贋作展覧会 - 各務三郎編 https://www.aga-search.com/holmes/10.shtml
贋作ホームズ特集 https://www.aga-search.com/holmes/
  
にっぽんのおっさん
 シャーロック・ホームズの贋作
  http://4dpocket120.blog120.fc2.com/blog-entry-89.html
105円の本棚改め108円の本棚
 ホームズ贋作展覧会(編:各務三郎
  http://105ennohondana.blog58.fc2.com/blog-entry-182.html
ナチュラルでスキャンダルなランス
 文庫版ホームズ・パスティーシュ
  https://ameblo.jp/marukoto00-04/entry-12446260812.html
  
シャーロック・ホームズの災難続き  https://allabout.co.jp/gm/gc/210164/
  
アトリエ平田工房
ハドスン夫人の家――シャーロック・ホームズの部屋
日本語で読めるホームズのパスティッシュ・パロディ
  http://www.hirata-koubou.com/holmes/parody/parody.html
日本語で読めるホームズ
パロディ&パスティーシュリスト(短編集収録作品リスト)
  http://www.din.or.jp/~takarasi/shp/shplst.htm
  
  
ブクログ
  https://booklog.jp/item/1/4309460631
  https://booklog.jp/item/1/4061372459
  https://booklog.jp/item/1/B000J86WOQ
読書メーター
  https://bookmeter.com/books/367722
  https://bookmeter.com/books/240512
  https://bookmeter.com/books/2660025

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
文庫本の巻末の解説は充実している方がいいと思いますか?
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=188282
過去の作品を編集してアンソロジーを発売する場合、解説を付けてほしいと思いますか?
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=200512



      
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
   
  

阪急沿線むかし図絵 大正・昭和のゆめとまち

 逸翁美術館で、阪急電車沿線の広告ポスターの展示をやっています。
 
阪急沿線むかし図絵 大正・昭和のゆめとまち
 期間:2019年4月20日(土)~6月16日(日)
  http://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/exhibition/2135/
  
 レトロなのにどこか未来的。レトロフューチャーというのでしょうか。
 もはや夢幻のごとく消え去った日本の庶民生活の最高点・庶民が一番幸せだった頃の記憶が記録されていました。
(もちろん悪夢のような戦時中の好戦的なポスターもあった)
 当時の広告は表現的にも工夫されていて一つの芸術作品となっています。
 今の広告は芸術作品と言えるのでしょうか。
 今の広告と比べてみるのも面白いかもしれません。
  
 残念ながら、図録は作成する予定はないようです。
 折角見て感動してインスピレーションを与えられても、芸術的才能が並み以下の私だと急速に忘れてしまう。
 今後、何らかの形で本にまとめて頂きたいものです。
  
 私は地理的に阪急電車とは縁がなかったので知らなかったのですが、こんな施設があったのですね。
 小林一三記念館も良かった。
 私は古い建物と日本庭園が好きなので、外から見てるだけでなく実際にそれらに入って体感できるのが良い。
 小林一三翁も逸翁と名乗るだけあっていいキャラをしたおやっさんです。
 阪急電車沿線の人々に還元する、という考えはいいですね。
 もし小林一三が現在健在で、今の日本の竹中平蔵やそのフォロアー達の「自分さえ良ければよい。労働者には人権は必要はない。奴隷のように搾取せよ」という姿勢を見ると、どのように思われるでしょうか。
 小林一三翁に竹中ヘーゾーをこっぴどく叱って頂きたいものです。
   
 wikipedia:逸翁美術館
   http://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/
  
 wikipedia:小林一三
  
小林一三記念館 http://www.hankyu-bunka.or.jp/kinenkan/
  
雅俗山荘 http://gazokusansou.jp/

 wikipedia:池田文庫
   http://www.hankyu-bunka.or.jp/ikedabunko/
  
 wikipedia:宝塚ファミリーランド

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
新聞の連載小説のフォーマットはどちらがいいですか?
 毎日少しづつ掲載
 週一回大きなスペースで掲載
 どちらでもいい
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=207227



      
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
   
   

神戸布引ハーブ園に行った

 
 山頂にハーブ園を作って観光施設にするというアイディアを実現して維持しているのだからすごい。
 新神戸駅からロープウェイで登っていくのだが、春の連休中ということもあって行列が並んでいた。
 ロープウェイは定員最大6人しかないけど、リフト並みに頻繫にやってくるので意外と行列の進行は早い。
 
 
 
 それでこのロープウェイからの見晴らしはいい。乗る価値はあります。
  
 
 
 山頂から歩いてハーブを鑑賞していくのだが、何せ天王寺から三ノ宮までずっと電車に立って来ているのだから脚が疲れて歩けない。
 電車に乗って観光に行くのも、座れないと考えものだ。
 自家用車が発達するのも当然だ。
(私は運転に自信がないので精神的ストレスを考えると電車の方が気楽だが)
 昼前に出て食事はハーブ園で取ろうと思っていたのだが、山頂のレストランも温室のカフェも満員で食べるどころではない。
 比叡山山頂のガーデンミュージアムは秋の寒くなりかけた時に行ってすいていたので食堂でもゆっくり食べられた。
 私のように人混みが苦手でマイペースで動きたい変人はオフシーズンを狙うか、朝一番で行って食堂が混む前に昼食を済ますべきだと思った。
 ロープウェイは麓から山頂に行く間に風の丘中間駅が一つある。
 大部分の観光客は山頂まで行ってハーブ園を鑑賞しながら山を下り、中間駅からロープウェイに乗って帰るのが順路になっている。
 ところがこの中間駅でもロープウェイの順番を待って行列を作るのだ。
 なぜか山頂からロープウェイに乗っている人もいる。山頂からだとほとんどロープウェイに乗る人はいないので待たずにすぐ乗れるだろう。
 ということは、行きに中間駅で降りて順路を反対に登っていき、山頂からロープウェイに乗って帰るようにすればスムーズにいくのではないか。何度も来ている通はそうしていたりして。
  
神戸布引ハーブ園
  http://www.kobeherb.com/
  https://twitter.com/herbguidekobe
 wikipedia:布引ハーブ園
  
神戸布引ロープウェイ
  http://www.kobeherb.com/view/ropeway/
 wikipedia:神戸布引ロープウェイ
  
布引の滝 (兵庫県)
 wikipedia:布引の滝 (兵庫県)
  
癒しスポット♪「神戸布引ハーブ園」で四季を感じよう | icotto(イコット)
  https://icotto.jp/presses/3995
新神戸駅から10分!「神戸布引ハーブ園」で“1000万ドル”の夜景
  https://www.travel.co.jp/guide/article/20647/

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
新聞の連載小説のフォーマットはどちらがいいですか?
 毎日少しづつ掲載
 週一回大きなスペースで掲載
 どちらでもいい
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=207227



      
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m