OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

【三丁目】南條亮ジオラマ記念館【昭和】


 
  関西空港りんくうタウンに近い泉佐野市の商業施設・いこらもーるの一角に無料で設置されています。
 ボタンを押すと音が出たりジオラマが動いたりというギミックもあります。
 今の世になかなかサービス精神旺盛の施設です。
  
 
  
南條亮ジオラマ記念館
  https://ja-jp.facebook.com/nanjo.diorama/
  https://www.icora.jp/shop/detail.php?seq=184&news
  https://twitter.com/hashtag/ジオラマ記念館
 
人形が語る懐かしの昭和-大阪「ジオラマ記念館」 - Yahoo!ライフマガジン
  https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/14810
南條亮ジオラマ記念館に行ってきたよ
  https://kakitaikoto-blog.com/nanjouakira-ziorama/
南條亮ジオラマ記念館と、泉佐野観光ミニガイド - 堺風の頭部
   http://mubouan.hatenablog.com/entry/2018/03/22/204244
南條亮氏ジオラマ記念館…。 #minkara
   https://minkara.carview.co.jp/userid/2168740/blog/41089563/
自然派のブログ
人形が語る懐かしの昭和・・南條亮・・その1
  https://ameblo.jp/matugawara/entry-12353916901.html
  
 人間・この愚かですばらしきもの【ジオラマの世界】 人間・この愚かですばらしきもの【ジオラマの世界】

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
南條亮ジオラマ記念館に行ったことありますか
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=213513

Allright三丁目の研究会@泉南
 初めてナンでカレーを食べた
  http://sakai.areablog.jp/blog/1000026345/p11839344c.html
 ショッパーズモール泉佐野 何で改名するの?
  http://sakai.areablog.jp/blog/1000026345/p11025005c.html
 泉南地域最大級の書店?
  http://sakai.areablog.jp/blog/1000026345/p11026648c.html



        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
 

視聴率ゼロ! 大川貴史

 視聴率ゼロ!: 弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な挑戦 視聴率ゼロ!: 弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な挑戦 
  
 無の状態から番組を立ち上げ、人気番組に育て上げるまでの経験と仕事論が語られています。
 文章もうまいし説得力あるし、読むと元気が出ます。
 ブログを書いたりサイトを運営していく上での勉強にもなりそう。
 ただ、著者は面白いモノや人を見出す能力が高いらしい。
 著者の思う“面白い”が世間一般の面白さと重なっているので著者がプロデュースする番組が支持されているのでしょう。
 私に関して言えば、私が思う“面白さ”は多分世間一般の多数派とかなりズレていると思います。
 だから私は真面目にコツコツと誰も読まないブログやサイトを一人で一生懸命続けていくしかないと思いました。
  
20世紀少年少女SFクラブ
  https://sfklubo.net/
  ↑私はこんな地味なサイトを運営しています。このサイトが人気サイトになればなあ。
   
 テレ東的、一点突破の発想術 (ワニブックスPLUS新書) テレ東のつくり方 日経プレミアシリーズ TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (ちくま新書) 稼ぐ話術「すぐできる」コツ: 明日、あなたが話すと、「誰もが真剣に聞く」ようになる (単行本) 
  
 wikipedia:大川貴史
 wikipedia:5時に夢中!
 wikipedia:誠のサイキック青年団
  
ブクログ https://booklog.jp/item/1/4103504617
読書メーター https://bookmeter.com/books/11185390


        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
 

和製文系版ホーガン!??アホホの優しい軟体透明人間


 遥かなる異星より愛を込めて (トレビ文庫―日本の作家) 遥かなる異星より愛を込めて (トレビ文庫―日本の作家) 


 トレビ文庫なるレーベルから出ているファンタジー小説
 あまりヤル気を感じさせないふざけた脱力系かと思って長い間放置していたのですが、意外とマトモでした。
 
 日本人に人気が高いというジェイムズ・P・ホーガンの『ガニメデの優しい巨人』という本格SFがあります。
 本書はさしずめその和製文系版とでもいうべきものでしょうか。
 アホホなる惑星から宇宙人がやってきて地球人との交際を求めるというファーストコンタクトな話。
 本作品では宇宙人から交際の代表として選ばれた心理学系の教授が色々な体験をします。
 アホホ星人は関節が柔らかく肌が透き通るようにきれいで、死ぬと泡になってしまいます。
 もちろんホーガン先生のように専門的なスケールの大きな理論とはいきませんが、惑星上に発生した生物が進化をした過程を文系は文系なりにアバウトに描いています。文系らしく言語の文法については少々詳しく説明されておりますですです。
 ただ、終わり方が少々中途半端というか尻切れトンボというか投げやりというか。
 ホーガン先生は異種生命との交流を大きなスケールで描きましたが、本作品ではそこまで至らず、あくまでも人類代表の学者先生止まりです。その後の展開が気になるところです。そこまでは考えていなかったのかそれとも続編の構想を練っておられたのか。
  
 本書は平成初期のある時期、山陰地方の古本屋でかなりの頻度で見かけられたと思います。
 本作品の著者は島根大学の心理学教授のようです。
 小滝 信夫名義で出された小説に続編を加えて新たに出版されたようです。
 ペンネームが著名な作曲家と同じなのはどういうわけなんでしょうか。
 ペンネームにしろあらすじにしろ投げやりでプロデュースにヤル気がないような感じがしますが、さすがに教授を務めるだけあって意外としっかりした作品だったと思います。教授の道楽の自費出版だと思わず、当時の教え子の皆様の間でも再発掘して思い出を偲んでいただきたいものです。
(以上はあくまでも私個人の感想です。本格SFマニアの皆様による「騙された」の類いのクレームはご遠慮下さい)
 

三四郎』な人生論
 ガニメデの優しい巨人【耳読】
  http://sanshirou.seesaa.net/article/471556328.html
  
小滝信夫 https://mairi.me/-/1078442

臨床心理ノート  https://amzn.to/2s5UKTa
ファンタジア 空飛ぶ円盤  https://amzn.to/35yEusx
ハート・ダンスは夜明けの星の下で  https://amzn.to/2qDsKGc
 
ブクログ https://booklog.jp/item/1/4896077164
読書メーター https://bookmeter.com/books/6928659
  
 wikipedia:ファーストコンタクト
 wikipedia:瀧廉太郎


        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m