OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

【ザ・サバト】「サイキック青年団」の原点


「「サバト」とは、《幸せを欲する》あまり、《快楽を追求する》あまり、ついつい一般常識を逸脱してしまう、その「瞬間」である…。」
 ということです。
 さらに、サバトには「表サバト」と「裏サバト」があるようです。

【表サバト
健康サバト、情報サバト、芸能界サバト、恋愛サバト、……
【裏サバト
ビデオサバト、オカルティックサバト、通信販サバト……
 
 読んでみると、今では「オタク」と言ってるような概念のような気がしました。
 当時も「オタク」という用語はあったので、それをさらに強烈に言ったのでしょうか。結局「サバト」という言い方は流行しなかったのですが、もしかして流行っていたら今頃は「オタク」と言わずに「サバト」と言っていたかもしれません。
 北野&竹内氏はサバトを気持ち悪い人という扱いで批判的に描写しています。
 しかし竹内義和さんの経歴や著書などを見ると、竹内さんもサバト的な趣味を持っていると思うのですが。近親憎悪・同類憎悪のようなものでしょうか。それとも自虐的な突っ込みなのでしょうか。
 こんなこと書いている私も当然サバトに分類される人間です。
 本書の初版(青い表紙?)は発売当時全く売れなかったそうですが、3年かけてじわじわ売れ、3年後に新装で増刷(黄色い表紙)されたようです。その後6年後にも新装(赤)で増刷。「サイキック青年団」の原点だそうです。

https://twitter.com/aryamashoukai/status/1620758085685096450
 ↑表紙画像の変遷

 なお、本書は2000年2月15日に堺市山之口商店街の古本屋・大小路書店で買ったというメモがありました。私が就職のために堺市に引っ越した直後のことです。その後すぐに大小路書店は閉店しました。一期一会の偶然です。


ブクログ
 https://booklog.jp/item/1/4915333922
読書メーター
 https://bookmeter.com/books/38288

  [wikipedia:竹内義和]
  [wikipedia:北野誠 (タレント)]
  [wikipedia:誠のサイキック青年団]

噂のメカニズムを科学する【噂の定番】北野誠
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2023/01/09/192430
堺の書店・古本屋
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20110218/p1

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
地球の温暖化を実感しますか?(2022年10月~12月調査)
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=236475
黒い色以外のパソコンを使いたいと思いますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233333
あなたは速読ができますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=231449

        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m
         
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
 

多和田葉子『白鶴亮翅』打ち切り説やと?!そんなアホな!!

 現在、朝日新聞朝刊の連載小説で今村翔吾さんの『人よ、花よ、』が連載されています。
 楠木正成の息子の正行が主人公です。
 現在、楠木党が紀伊国名手荘の金毘羅義方との争いに巻き込まれていくところです。
 金毘羅党は楠木党も遠慮するほどの強大な勢力を誇り残虐だったと描かれています。
 私は和歌山出身ですが、こんな一族がいたとは知らなかった。
 


 
 それで『人よ、花よ、』についてグーグル検索していると、なぜか
「白鶴亮翅 打ち切り」
「白鶴亮翅 つまらない」
というのが関連キーワードとして出てきたので驚きました。
 私は多和田葉子さんの『白鶴亮翅』は毎回楽しみにして拝読していました。
 その影響で太極拳のDVD付き入門書を買ってきて太極拳の独習を始めたくらいです。
 まさか「つまらない」「打ち切り」という風評が出るとは思いもしなかった。
 人の感性とは色々だと思いました。
 私が面白いと思う物でも面白くないと思う人がいて
 もちろんその逆の場合もあり得るのです。
 それで、人は自分が面白いと思ってるものをけなされたりすると
「この分からんちんめ!偉そうに何様のつもりや!」
とむかつくもので、だから殺伐としてネット上では争いが絶えないのでしょう。
 
 でもしかし、私は多数派ではなく少数派なのではと思ったりしています。
 ともかく自分の書く物に対して一定数のアンチがいるということを意識して書いていくことが必要だと思います。


OLDIES 三丁目のブログ
 多和田葉子『白鶴亮翅』連載終了!感想メモ
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/08/16/205932
 
 ぼくがきみを殺すまで その日は意外と早く来るのかもしれない
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20160118/p1
  ↑この作品も打ち切り説があって驚いたものです

 中村文則『カード師』完結
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2020/08/03/195434
  ↑この作品は面白かったので宣伝しとかんといかん



知の狩人 知の旅人 近藤節夫のホームページ
つまらない新聞連載小説
 http://www.mr-kondoh.com/?p=21780

私の備忘録(映画・TV・小説等のレビュー)
新聞小説「白鶴亮翔(はっかくりょうし)」(6)最終まで 作:多和田葉子
  https://ameblo.jp/yashima1505/entry-12759703177.html


羊と猫と私
新聞小説を読む 朝日新聞 朝刊 「白鶴亮翅」(はっかくりょうし)181話~最終話
  https://hitujitone.exblog.jp/241547733


酔流亭日乗
 国立駅前の文房具店
  https://suyiryutei.exblog.jp/32190667/

  [wikipedia:今村翔吾]
  [wikipedia:楠木正行]

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
地球の温暖化を実感しますか?(2022年10月~12月調査)
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=236475
黒い色以外のパソコンを使いたいと思いますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233333
あなたは速読ができますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=231449

        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m
         
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
 

パワー速読を習った感想【大阪速読】

 パワー速読という速読があります。
 十三の「大阪速読 大阪国語」で教えています。
 ここで習った感想です。


パワー速読公式サイト https://osaka-sokudoku.jp/


 事の始まりはkindleでここの今津先生が出した速読の本を発見したことだったかのう?
 それから「パワー速読」で検索してふくろうさんのページを見て興味を持ったんだったかのう?

ふくろう式の副業と読書習慣のススメ
 大阪速読大阪国語の30分で3倍になる速読講座を体験した
  https://2ndjob-fukugyou.com/osaka-sokudoku/
 
 その頃はコロナ感染症が問題になり出した頃であったので、コロナが一段落してから通いに行ったもんじゃ。
 パワー速読の特長は、実際に本を使って訓練することです。
 パワー速読ではkindleから速読訓練の本を出していますが、それは訓練前の準備運動に使うのみで、メインの訓練は本を使います。これがなかなか良い。
 私も今までPCの速読ソフトやら教室でPCを使って訓練する流派やらネットを使った通信講座やら色々受講しましたが、PCを見る訓練は便利なようで意外と効果がないものです。やはり実際に本を使って訓練しないといけないと実感します。
 訓練の方法はコロンブスの卵的な単純なものなのですが、私がここで書くと営業妨害になって訴えられます。
 ここの方法は一字一句を読んでいくというものではなく、ページに目を走らせて意味を取っていくという、拾い読みに近い方法だと思います。実際に先生に質問したところ、そのような意味のことをおっしゃっていたと思います。
 まあそういう割り切ったメンタルでの読み方というのが訓練として組み込まれているので、リラックスして拾い読みの練習になります。
 私が速読の練習に熱心な割に速読ができないのは性格的に重くて神経質で粘着質なため一字一句の文字に目を通さないといけないという強迫観念があるからだと思います。
 いわばアクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状況なんですが、そのブレーキを外すような読み方を訓練として行っているわけで、それはいい効果をもたらしたと思います。
 というわけで、パワー速読講座を受講したおかげで私は「拾い読み」ができるようになりました。
 とはいえ、重要でない本を読む時は「拾い読み」という読み方ができるようになったという意味であって、普通に新聞や本を読む時は今まで通り、一字一句読んでいて速読できません。拾い読み速読の技術を普通の読書に使えるように今後も訓練していく所存です。
 この教室では24回受講が一単位となっていますが、教室に24回行くだけでは効果ありません。
 家でもできるだけ毎日練習が必要です。
 私も24回終了しましたが、練習の方法は分かったので今後も練習を続けていくつもりです。
 
 私も今まで色々な速読講座を受講して失敗してきました。一般的な速読講座には大体相場というものがありますが、ここの大阪速読さんの受講料は相場の6割程度ではないでしょうか。他の教室よりは確かに安価なのですが、それでも気軽にポイっと出せる金額ではありません。それでも今までに受講した速読講座では全然効果を出せなかったのですが、パワー速読では拾い読みではあっても一応は成果を出すことができました。また今後の訓練の方針も立ったし速読のヒントも得ることができたので、良かったと思います。


メインの本を使った訓練方法については書かれていないように思えます。


準備運動として使います。メインの訓練は本を使って行います。

ブクログ https://booklog.jp/item/1/B097B8WS82
読書メーター https://bookmeter.com/books/18251802

大阪速読大阪国語
https://osaka-sokudoku.jp/


ふくろう式の副業と読書習慣のススメ
 大阪速読大阪国語の30分で3倍になる速読講座を体験した
  https://2ndjob-fukugyou.com/osaka-sokudoku/




拾い読みのススメ!?【世界一たのしい超速読勉強法】
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/10/05/205032

速読とは違う読書法【拾い読み高速読書】
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/02/26/200910

本書が速読マスター最後の手段だよ!
 ルン・ルを聴いて速読をマスターしよう!
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2023/01/10/203744

日本における速読術草創期の歴史(個人史・トラウマ・ルサンチマン含む)
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20100920/p1

30万円の速読講座から脱落した私が勧める速読訓練ソフトは、これだ!!!
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20150623/p1


もし私が草食動物だったら角は肉食動物に抵抗するために使いたい
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/12/07/201641

パワー速読受講最終日に読んだ本。拾い読みで8割ほど読めた。まだまだだな。


他にこんな速読の本を読みました

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
地球の温暖化を実感しますか?(2022年10月~12月調査)
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=236475
黒い色以外のパソコンを使いたいと思いますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233333
あなたは速読ができますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=231449

        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m
         
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m