OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

大島清の不老の探求

 大島清の 不老の探求 若さを創る「脳と体」の鍛え方 (PHPエル新書) 大島清の 不老の探求 若さを創る「脳と体」の鍛え方 (PHPエル新書)  

 私も若い頃は大島清さんのハウツー本をよく読んだものです。
 本書もいつもの大島氏のエッセイですが、齢を重ねた現在、健康法や
 自然豊かな環境に建てたサロン・ド・ゴリラでの交友関係に比重を置かれています。
 好きな学問をして素晴らしい方々と交流して、こういう人生は理想的です。
 ただ、これは戦前と現在の軍国主義の時代の間の戦後民主主義が機能していた奇跡的に良き時代だから可能だったとも言えるのではないでしょうか。
 例えば、戦前の軍国主義の時代では、
氏と共通する研究分野を持つ山本宣治や大石誠之助は弾圧を受けました。
 一方、反知性主義的な安倍政権下の現在、短期的な成果を求められる今の学者先生は大島先生のような生活を送ることは可能なのかどうか。
 政権に忖度して御用学者の地位を得ればいい生活が可能なんでしょうが。
 
 好かれる老人嫌われる老人―心構えひとつで老後は楽しい 温泉と駄ジャレと手料理が脳に効く 脳年齢が若くなる生き方
 
 wikipedia:大島清 (性科学者)
 wikipedia:山本宣治
 wikipedia:大石誠之助
 

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
手塚治虫の『火の鳥 ヤマト編』を読んだことありますか?
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=205675
手塚治虫の『火の鳥 宇宙編』を読んだことありますか?
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=205676



        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
  


ブクログ
 https://booklog.jp/item/1/4569637159
 https://booklog.jp/item/1/B00799U56E
読書メーター https://bookmeter.com/books/1509400

映画『新聞記者』観て応援!拡散して応援!今回が行動する最後のチャンスになるかもしれない

 映画館の入りは、6~7割程度か。お年寄りがほとんどで、アラフィフの私が一番若いくらいか。夫婦で来られているお年寄りも多かった。
 戦争時代を知っているお年寄りが軍国主義的な安倍独裁政治に危機感を持って来られていたのでしょうか。

 映画のストーリーですが、やはり権力とカネを持っていると強い。
 権力を持っていると人もカネも集まってきて、人もカネも権力も思いのままに使えます。
 権力を悪用するかどうかは権力者の良識にかかっているのですが、もし権力者が権力の悪用に躊躇しない自己中心的なサイコパスであると、大変なことになります。
 権力を悪用する権力者を批判する者が声を上げても各個撃破されてしまいます。権力を持たない者が権力を持つ者に対抗するには団結するしかありません。
 しかし弱い者同士が団結して権力と戦うよりも権力におもねっておこぼれにあずかる方が波風立てずに楽に簡単にいい生活できるのです。
 権力者は、ナイフでイチゴを切るように、人やカネを使った分断工作を行います。
 権力に盾突いて波風を立てると、職場で・地域社会で・家庭で異分子となっていく現実。
 権力に盾突く個人は、職場や地域社会や家庭でも問題を抱えることになるのです。
 職場や地域社会や家庭のことを考えると権力に盾突くことは躊躇させられると。
 かくして権力に盾突く個人は各個撃破されていく。
 日本でも70年ほど前までは政府や軍人や戦争に批判的な発言をすると弾圧を受ける時代でした。
 今またそのような時代になりつつあるのではないでしょうか。
 そのような時代を取り戻そうとしている今の政権は変えるべきではないでしょうか。 
 
 この映画で主要なテーマとなったのは、大学新設問題。
 生物兵器研究をするための目的の大学の設立のために首相の友達に便宜を図るというもの。
 現実でも似たようなことありましたが、単に首相の友人の私服をこやすためだけの目的の大学設立であって、生物兵器の研究どころか、教授はネトウヨの寄せ集めだし、図書館にマトモな本すら入っていないというトンデモ大学でした。
 この映画で描かれている内閣情報調査室はネット工作したり週刊誌にデマを流したりフェイクニュース捏造や謀略を専門的に行う部署でした。
 現実でも似たようなことが行われているんでしょうね。
 
 新聞記者 (角川新書) 同調圧力 (角川新書) 権力と新聞の大問題 (集英社新書) THE 独裁者 国難を呼ぶ男! 安倍晋三

 Black Box 安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由 安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書) 「アベ友」トンデモ列伝


公式サイト
  https://shimbunkisha.jp/
  https://twitter.com/shimbunkisha
 
映画『新聞記者』あらすじネタバレと感想。結末で見せた松坂桃李の表情に自己の存在を見る思い
  https://cinemarche.net/drama/shimbunkisha-chori/

モンキー的映画のススメ
映画「新聞記者」感想ネタバレあり解説 誰よりも自分を信じ疑え!!
  https://www.monkey1119.com/entry/shimbunkisya-movie

みたのブログ
『『新聞記者』感想』
  https://ameblo.jp/takerutakeru-0321/entry-12489181080.html

【ネタバレあり】『新聞記者』感想・解説:日本映画に新しい潮流を生み出せるか?
  https://www.club-typhoon.com/archives/2019/06/30/newspaper-movie.html


「都合の悪い者」陥れる官邸のフェイクー『新聞記者』のリアル、望月記者らに聞く(志葉玲) - Y!ニュース
  https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20190705-00132919/

映画「新聞記者」が問う官僚の「建前と本音」 「国民のための仕事」第一に考えているか | ニューズウィーク日本版 - 東洋経済オンライン
  https://toyokeizai.net/articles/-/290357 #東洋経済オンライン
  
“『主戦場』観てきました!民主主義を守るためにいい作品は買って応援・拡散して応援!!”
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2019/06/25/065017

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
映画『新聞記者』を観ましたか?
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=209183



      
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
   
  

アサヒビール大山崎山荘美術館

 神戸の異国館を大規模にしたような邸宅。
 昔のお金持ちは山の中に邸宅を建てたのでしょうか。
 展示されている美術品についてはよく分からないのですが、レトロな邸宅の中を実際に歩ける体験はいい。
 日本庭園も良い。

 近くに聴竹居という邸宅もあります。
 ここは公開日が限定されていて予約が必要。
 できればこちらも一緒に訪問してみたいところ。
  
アサヒビール大山崎山荘美術館
  https://www.asahibeer-oyamazaki.com/
  
 wikipedia:アサヒビール大山崎山荘美術館
 
聴竹居
  http://www.chochikukyo.com/
  
 wikipedia:大山崎町

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
手塚治虫の『火の鳥 ヤマト編』を読んだことありますか?
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=205675
手塚治虫の『火の鳥 宇宙編』を読んだことありますか?
  http://blog.with2.net/vote/v/?id=205676



      
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m

          
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m