OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

空に浮かぶ騎士 吉田甲子太郎選・世界名作短編集


 学研小学生文庫高学年版の一冊。
 海外の20の短編小説が収録されています。
 巻末解説で西本鶏介さんが書かれています。

「いまでこそ海外文学の児童書はさかんに出ていますが、そのころ、外国の新しい作品やおとなの作品を、子ども向きに訳出しようという人はまれで、吉田甲子太郎はその分野での数少ない開拓者のひとりといえましょう」

「甲子太郎は、「わたしは原作をそのまま翻訳せず、かなり自由な気持ちで日本文に書きあらためた」とのべているように、純粋の翻訳とはいえず、むしろ翻案、再話といったほうがあたっているかもしれません。しかし、満足な外国作品の紹介が少なかった当時、原作に忠実である前にまず日本の少年たちが理解しやすく、そしておもしろがる形で提供しようとしたかれの努力は、大いにみとめるべきものと思います」

 また、本書に関しても
「作者名の下に「訳著」という見なれぬことばがついていますが、それはこの作品が原作の忠実な訳ではなくて、やはり翻案に近いものだということをあらわしたものです。平明できびきびした文体、感動的な場面の構成などは、翻案というよりも、原作に素材を借りた創作といってもよいほどです」
 
 こういった子ども向け翻訳に訳者が手を加えることは、私の子ども時代にはよくあったようです。
 よく知られているのは山中峯太郎シャーロック・ホームズ南洋一郎のアルセーヌ・ルパンシリーズです。
 そういった「超訳」は吉田甲子太郎から始まったのでしょうか。
 その後、子ども向け翻訳でも「完訳」でないといけない、という意見が多数派となり、山中版ホームズ全集は完訳版全集に置き換わりました(最近は再評価されているようです)。
 私は、完訳はもちろん必要ですが、子ども向けの翻案はどんどんやった方がいい、と思います。
 私は子ども時代からマニアックな読書家だったので、子ども向け名作文学でも翻訳者によって少し筋が違うのを読み比べるのが好きでした。
 例えば『巌窟王』や『怪談』ではこの翻訳は文章が硬いけどこっちの翻訳はこなれていて良いとか、『宝島』では原作通りではなくてビリー・ボーンズが宝の地図を盗んで逃げるところから始まるバージョンを見つけて「これはすごい」と喜んだりしたものでした(『宝島』は早い段階で福音館書店古典童話シリーズで完訳版を読んでいた)。
 そして大きくなってから改めて完訳版を読むことを楽しみとしていました。
 同じ古典落語を演じても、一字一句同じことを話しているわけではありません。やはり時代に応じて語り方に変化があるはずです。いっそのこと子ども向け翻訳も古典落語を演じるのと同じように、「訳者」と言わずに「演者」と言ったらどうでしょうか。
 
 ということで吉田甲子太郎の翻訳アンソロジーを組み込むとは、学研小学生文庫高学年版は渋いですね。
 特に後半の第二集は本当に渋い。
シャーロック・ホームズ』やドリトル先生ジュール・ベルヌを入れた第一集はタイトルで子ども達にアピールする力が強そうな作品が並んでいるのですが、第二集は戦後民主主義教養主義溢れた本書や、日本の山里を舞台にした渋い作品やら小学生が生物研究する作品やら埋もれた海外のミステリー小説やら壷井栄の短編集やら、本当に通向きで渋いラインナップです。私も一瞬、派手なラインナップの第一集を選ぼうかと思ったのですが、書店で買えそうにない珍しい本が揃った第二集を選びました。実は近所に住む同級生のM君家にも第二集がありました。読書好きというお姉さんの本やと思いました。ううむ、通ですなあ。第一集ではなくて第二集を選んだ子ども達は読書好きで渋いと誇っていいと思います。

【以下、印象に残った作品のコメントです】

空に浮かぶ騎士 アムブロース・ビアズ作『空の騎士』(アメリカ)より

 小学校の国語の教科書に載っていた。唐突過ぎてよく分からない終わり方なのですが、戦争で親と子が敵になり殺し合いすることの悲劇を描いたということなのでしょうか。私は鈍い所があるので、唐突な結末に置いていかれることがよくあります。同じように教科書に載っていたレフ・トルストイの『とびこめ』の結末もよく分かりませんでした。


押せ、押せ、ポンプを!  サミュエル・F.バチェルダ『英雄』(アメリカ)より
 
 裏方に回ってパイプオルガンのポンプを押し続けた少年の悲劇。こんなことよくありそう。しかし、こういう人がいないと社会が回らないという一面もあります。果たして自分はできるか。そしてそういう存在に気付けるか。


独立祭の思い出 アルバート・W.トールマン『綱わたり』より
 
 独立祭にやってきた軽業興行の綱渡りを手伝った少年の恐ろしい体験。しかしこの軽業師も少年もよく冷静に慎重に切り抜けたもんだ。大道芸は失敗すると命取りになるから恐ろしいものです。



最後のひと葉 オー=ヘンリ(アメリカ)
 
 いい話。壁に描いた葉が現実の葉のように見えたというのだから、バーマンさんの絵がうまかったということなんだろうか。壁に張り付くツタの葉というのがミソなんだろうか。



ぞうきんと卵 クレア・H.ビショップ(アメリカ)
バーナビとリンゴ マリオン・オーバマイヤ(アメリカ)

 この2作品は子どもが知恵を出してお金を稼ぐ話。アメリカンドリームの国・資本主義の国アメリカでは子ども時代からこう考え・行動しているんですね。
 特に前者は友人が協力し合っているから会社組織のシミュレーションだ。


一マイル競走 レスリー・M.カーク)(アメリカ)
 
 陸上競技の本場・狩猟民族の本能。こんな人間がいるからアメリカは世界最強でいられるのです。根性なしであきらめが早い私もちょっとは見習わんと。


退校はされたけれど  アルヴァ・ミルトン・カー『カーブの下で』(アメリカ)より
 
 エジソンのような発明少年の大活躍。このような少年がいたからこそアメリカは世界最強でいられたのです。



三十秒間のできごと レイ・スタンナード・ベイカー『ポッツはいかにして夜の急行列車を救ったか』(アメリカ)より

 列車の巻き込み事故を防ぐために機関手がとった行動。
 こういう咄嗟の判断が大事なのです。これだからこそアメリカは世界最強でいられたのです。


逃げた大砲 ヴィクトル・ユゴー『九十三年』(フランス)の一部より

 ユゴーの長編『九十三年』の一部らしい。壮絶な話。常在戦場では一瞬の気のゆるみも許されず、責任を取らされるのです。
 これは社会人の仕事の現場でも言えることです。
 社会に出る前にこういう話を読んでおくのも必要でしょう。
 私も気が引き締まりました。


少年軍使 ロバート・H.デヴィス『ある勇敢な少年の実話』(アメリカ)

 インディアンに包囲されたアメリカ開拓民の少年軍使の活躍。軍使というよりもはや「軍師」ですね。
 アメリカ人は子どもでもこんな交渉ができるのです。のほほんとしていると負けてしまいます。
 こんな風にアメリカ人は原住民を追い詰めていったのでしょう。
 そして日本も不平等条約を結ばされてきたのでしょう。

 
きみならどうする フランク・R.ストックタン『君だったらどうしたであろうか』(アメリカ)より
 
 狩猟を選ぶか写真を選ぶか。思えば狩猟は動物の命を奪うものなんですね。


 それから思い違いをしていたのですが、私がこの本で読んだと思っていた作品があります。
 綱渡りが好きで毎年興行に来る綱渡りを楽しみにしている子どもが綱渡り芸人から
「毎年キミが座っている位置を目印にしている」
と言われたので、つい出来心でその年は座る位置を変えて綱渡りを見物するという話。
 結末を忘れていたので再読するのを楽しみにしていたのですが、本書には収録されていませんでした。
 一体何という作品だったのでしょうか?


  [wikipedia:吉田甲子太郎]
  [wikipedia:アンブローズ・ビアス]
  [wikipedia:西本鶏介]


ブクログ https://booklog.jp/item/1/B076286CGC
読書メーター https://bookmeter.com/books/12429790



【学研小学生文庫高学年向き 第二集】
09 メアリー・ポピンズと「自由からの逃走」
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2021/07/07/203000
10 ドイツ版少年少女探偵団!『赤いUの秘密』
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2021/11/23/203202
11 イノシシ猟と少年の成長を描く【木の国少年記】鈴木しんご
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/02/04/201434
12 ホタルの里・美郷に「聖地巡礼」に行こう!!【ホタルの歌】原田一美
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/05/05/200336
12 テントウムシの誕生 古出俊子
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/05/13/205812
13 ポール・ベルナ『尾行された少年たち』
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2021/11/03/202555
15 読み継ぎたい児童名作 青木茂『三太物語』
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/08/27/202023

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
地球の温暖化を実感しますか?(2022年7月~9月調査)
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233749
黒い色以外のパソコンを使いたいと思いますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233333
あなたは速読ができますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=231449

        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m
         
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
 

今からでも遅くない囲碁の始め方・楽しみ方


ゼッタイできる!!囲碁 入門編 ゲーム&マジックシリーズ (1)
 監修/日本棋院
 著/飯島 博
 https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/7071001.html


ゼッタイできる!!囲碁 実戦編 ゲーム&マジックシリーズ (2)
 監修/日本棋院
 著/飯島 博
 https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/7071002.html

 図書館の児童書コーナーで見つけた囲碁の本。囲碁の打ち方が基礎からじっくりと解説されています。
 練習問題が豊富に含まれているのが良い。
 囲碁に慣れるためには、基礎的な例題を何度も練習して打ち方のイメージを目と脳に焼き付けるのが早道だと思います。
 子どものみならず、大人になってから囲碁を始めようと思う人にも必読の書だと思います。
「実戦編」では実際の打ち方や終わり方まで説明されていて少々歯ごたえあります。
 最後にプロを目指して日本棋院で院生になっている子どもとその師匠でもある父親との九路盤での対局が実況解説されています。これは非常に役に立つ記述です。こんな風に考えて打っていくのかと勉強になります。
 ここに登場する子どもの名前は「闇雲翼」君といいます。「闇雲」という姓があるのかと驚きました。
 検索すると、現在でもアマチュア大会で活躍されているようです。

決勝は初の親子対決、師匠の父破り息子V4 朝日アマ囲碁三重県大会
  https://www.asahi.com/articles/ASQ5H6SNGQ5HONFB006.html

【名字由来net】闇雲さんの名字の由来はこちら
  http://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKanji=%E9%97%87%E9%9B%B2
 
 
 ということで本書は子どもから大人まで非常に勉強になる囲碁の入門書なのですが、検索してみると絶版になっているようで、しかも某マーケットプレイスはじめ、ネット上の中古市場では出回っていないようです。
 しかし各地の図書館には保管されているはずです。棚には出ていなくても書庫に入っている場合もあります。
 囲碁を始めてみたい方は一度探してみて下さい。


 ということで何で囲碁の本なんか読む気になったのかというと、私が所属している職業団体の会報にたまたま詰碁のコーナーが掲載されていて、それが余りにも初歩的過ぎて簡単なので私にも解けたからなのでした。
 囲碁というと十九路盤で長時間かかる対局というイメージがあったのですが、詰碁ならパズル感覚で解けるのです。
 もう五十を過ぎて今から十九路盤で対局なんて時間的にも体力的にもきついのですが、詰碁ならできるのではないかと思ったわけです。
 そもそも私は子どもの頃から身体を使うスポーツは全然駄目で大嫌いだったのですが、頭でっかちで机上の空論を弄するのが好きだったので頭脳スポーツには興味あったのでした。
 それで囲碁の入門書を一冊読んだだけで次はどうしようかと思っているうちにうつ病になって何もできないまま年を取ってしまいました。
 今思えば、子ども向けの入門書を一冊だけではなく複数読んでから詰碁に挑戦するべきでした。
 入門書を一冊読んだだけで対局とはいくら何でも無理だし相手を探すのも大変です。
 まあどちらにせようつ病になってしまったので何をやっても報われなかったでしょうが。
 とりあえず精神状態が改善した今、囲碁を楽しもうと思えば、子ども向けを含む入門書をどんどん読んで、簡単な詰碁から始めるべきでしょう。
 十九路盤での対局というフルスペックにこだわる必要はないと思います。
 詰碁を楽しむのも立派な囲碁の楽しみ方ではないでしょうか。


●そして次に読んだのは〇

 小学生3人が「囲碁ワールド」に紛れ込み、黒の戦士に囲碁のルールを教わりながら白の魔王やその部下の白の番人達が出す問題をクリアしていき、黒の王女を助ける……というストーリー。
 物語性・ゲーム性のある展開なので子どもが読むには楽しいでしょう。
 まあ白の王国の皆様も敵のように描かれていますが、子ども達にルールに則って分かりやすい囲碁の問題を出題してくれているのですから、本当は親切な先生方だったのです。


ブクログ
  https://booklog.jp/item/1/4774308609
  https://booklog.jp/item/1/4774306762
読書メーター
  https://bookmeter.com/books/1083639
  https://bookmeter.com/books/1424609

  [wikipedia:囲碁]
  [wikipedia:詰碁]

  [wikipedia:マインドスポーツ]
  [wikipedia:日本頭脳スポーツ協会] 


マインドスポーツがやりたい
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20120907/p1
知られざる頭脳ゲーム“ゴーモック”
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20131117/p1
2番を目指すカードゲーム【Why First?】
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2022/02/13/085943

市井學人のツイッター保管庫
 君はバックギャモンを知っているか!?
  https://yorodzu.seesaa.net/article/53665539.html
 ユルさも魅力 バックギャモン/『自分の薬をつくる』
  https://yorodzu.seesaa.net/article/484707038.html

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
地球の温暖化を実感しますか?(2022年7月~9月調査)
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233749
黒い色以外のパソコンを使いたいと思いますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233333
あなたは速読ができますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=231449

        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m
         
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m
 

「マインドフルネス速読」やと?それならわしは「自己催眠速読」に挑戦じゃ!!


 マインドフルネスと速読を組み合わせたところが新しい。
 著者が両方マスターされていたので組み合わせたのだろう。
 確かにお互いの技術が相補・相乗的に助け合いそうだ。
 ただ、内容を読んでも、マインドフルネスに関する能書きというか理論がほとんどで、この流派がどのような速読訓練をしているのか今一つ理解できなかった。
 この流派に入門するとマインドフルネスと速読の両方がマスターできるのでしょうか。
 著者はマインドフルネスと速読に限らず、他にも読書療法や心理学など色々な方法論をマスターされているらしい。
 私なんか中学2年の時に加古式速読法を知って、それから色々な流派の速読を必死に練習したけど全然マスターできない。
 先日もS読という流派が良さそうだと思って入門して頑張って練習したけど結局できなかった。
 その前は自転車ならぬツツンツTU式速読に30万円つぎ込んでドブに捨てる結果になったし。
 速読には今まで時間も労力も相当の金額もつぎ込んだけどカモにされるばかりだ。
 一方には技術をマスターして自分なりのメソッドを確立して教えることでお金をもらえる立場になる方もいれば、
 私のように努力の割には全然マスターできずにカモにされるばかりの人間もいる。
 努力は報われるというのは嘘です。報われない努力というのは確実にあります。
 実力競争の現実ですね。
 このマインドフルネス速読の費用はS読より安いようで、二者択一だとこちらを選びたいところですが、もはや資金も尽きた。カモになる前にできるだけ自力で努力しようとしよう。
 本書で読書療法というのを知ったのは収穫でした。
 まあ今までも速読術と記憶術やら視力回復やらNLPやらオーラ視やらなどを組み合わせた流派がありました。七田式などは速読+超能力ですから。今後も差別化のために速読+アルファの流派が色々出てくるでしょう。
 例えば、シュルツ博士の自律訓練法(自己催眠)と組み合わせた【自律訓練速読(自己催眠速読)】なんてのを開発したら私もついに速読をマスターしてお金を頂ける立場になれるんでしょうか?よーし、やるぞ!!


公式サイト
  https://peraichi.com/landing_pages/view/903qramf/
  http://mfqr-method.com/lp/hp/
  https://mfqr-method.com/lp/girls/
ツイッター
  https://twitter.com/kurorin728

ブクログ
  https://booklog.jp/item/1/B08WZ6DZ81
読書メーター
  https://bookmeter.com/books/17523698

  [wikipedia:マインドフルネス]
  [wikipedia:自律訓練法]
 
【マインドフルネス速読は怪しい】効果があるのか試してみた
  https://raku-sei.com/mind-full/
マインドフルネス速読の価格は妥当?他の速読と違いがあるのか
  https://2ndjob-fukugyou.com/mindfulness/
マインドフルネス英語速読の評判と料金!【西澤ロイ×黒石浩子】
  https://tamaxmspn.biz/mindfullness/
マインドフルネス速読を利用する前に確認!内容・口コミまとめ
  https://e-culture.jp/mind/
 
視力もぐんぐんよくなる速読術
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20150610/p1
スポーツ速読完全マスターBOOK
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20180211/p1
NLP速読術」とはテクニックでありプロセスではなかろうか
   https://diletanto.hateblo.jp/entry/20100210/p1
七田式・語学学習で右脳を開発する方法!!
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2021/05/30/194435
七田式超右脳成功法
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20180518/p1
変換力トレーニングの効果 瞬読
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2020/02/13/202733
30万円の速読講座から脱落した私が勧める速読訓練ソフトは、これだ!!!
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/20150623/p1

ほか、こんな速読の本を読んできました。↓
  https://booklog.jp/users/diletanto?tag=%E9%80%9F%E8%AA%AD&display=front

【アンケート実施中です!ご協力お願いします!】
地球の温暖化を実感しますか?(2022年7月~9月調査)
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233749
黒い色以外のパソコンを使いたいと思いますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=233333
あなたは速読ができますか?
  https://blog.with2.net/vote/v/?id=231449

        
         ↑人気blogランキングにご協力お願いします。m(_ _)m
         
↓また、ご意見ご感想・ブックマークなど頂けましたら励みになります。
 コメントやはてなスターもお待ちしております。m(_ _)m