OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

30日々の冒険

1999年の星野中日ドラゴンズ

ばんざい!ドラゴンズ東洋経済新報社Amazon 1999年の中日ドラゴンズは第二次星野仙一監督4年目。 本書はこのシーズンの中日ドラゴンズの試合を見開き2ページでポイント解説しています。詳細な試合レポートではなく、あくまでも著者が重視するポイント中心の…

坊っちゃんは名探偵! 夏目少年とタイムスリップ探偵団

坊っちゃんは名探偵! 夏目少年とタイムスリップ探偵団 (講談社青い鳥文庫)作者:楠木誠一郎講談社Amazon 現代に住む小学6年生の3人がなぜか明治時代にタイムスリップ!?偶然出会った夏目金之助少年と少年探偵団を結成して樋口奈津ちゃん誘拐事件を捜査!…

絵本はこころの処方箋 大人が絵本を読んでもいいのです【絵本セラピー】

大人のための絵本セラピー 絵本はこころの処方箋作者:岡田達信瑞雲舎Amazon 一級建築士であり建築技術者だった岡田達信さんは子どもへの絵本の読み聞かせをしているうちに絵本の深さに気付き、「大人のための絵本セラピー」を考案しました。 子どもが絵本を…

セラピーの合い間に失踪事件を調査【読書セラピスト】

読書セラピスト (海外文学セレクション)作者:ファビオ・スタッシ東京創元社Amazon 【あらすじ】 国語教師採用の順番待ちをしているビンチェ・コルソは読書セラピーのスタジオを開きます。 初めての来客のコンサルタントでは大失態を演じて失敗しますが、その…

テントウムシの誕生 古出俊子

●ホタルの歌 (学年別小学生文庫6年)◎ミ 徳島県の小学校の先生が6年生の生徒達とテントウムシの研究を1年間行った記録。 卵が孵化して幼虫になり蛹から成虫までの観察、その他食事や背中の模様などの研究成果が描かれています。 あんな小さなテントウムシに…

ホタルの里・美郷に「聖地巡礼」に行こう!!【ホタルの歌】原田一美

ホタルの歌 (動物の記録 1)作者:原田 一美学研プラスAmazon 原田先生が宿直室で宿直をしていると、達夫・芳明・秀夫の3人の6年生がホタル取りに誘いに来ました。それが物語の始まりです。 ホタルの乱舞に感心した先生たちは蛍について何も知らないことに気…

佐左木俊郎【或る嬰児殺しの動機】【仮装観桜会】

恐怖城 (春陽文庫)作者:佐左木 俊郎春陽堂書店Amazon はじめの方は何だかよく分からなかったが、最後の二編はなかなか面白かった。 現代社会における社会的問題のケーススタディだな。 ところで、著者の姓は「佐左木」であって「佐々木」ではない。「佐左木…

宮沢賢治テーマのマンガ 3作品

実家に置いてあった段ボール箱の中から昔定期購読していたコミックトムから切り抜いた作品が出てきました。 宮沢賢治をテーマにしているということで切り抜いたんだと思います。 しょうじょたんていだん 第9回 小道迷子 探偵団がなぜか宮沢賢治の作品世界に…

トオジョオミホさんの換骨奪胎4作品

トオジョオミホさんの換骨奪胎4作品です。 実家に置いてあった段ボール箱の中からマンガの切り抜きが出てきました。 当時定期購読していたコミックトムに掲載されていました。 3作品の主人公は少女。主人公の少女にしろ他の女性にしろなかなかたくましい。…

完全版 放送禁止作品  震災と放送禁止編

完全版 放送禁止作品 (三才ムック vol.389)三才ブックスAmazon 東日本大震災の直後に出た本。 よって、第1章は東北大震災に関連した特集となっています。 原発PRしていた文化人を批判したり、あまりに原稿料が高すぎたのでオファーを断ったみうらじゅんを評…

星野仙一の成功哲学・目標達成法

星野仙一―魅力ある男だけが生き残る 新しい時代の管理学作者:星野番記者グループ学習研究社Amazon 「二年間、星野監督の選手管理術、球団とのかけ引き、ゲームでの采配、人間関係の処理の方法などをじっくり見させてもらったが、どれもこれもサラリーマンと…

コミック1970 タイムトリップ・アンソロジー

コミック1970 (トクマコミックス)作者:手塚治虫,松本零士,つげ義春,石森章太郎,畑中純,みなもと太郎,古谷三敏,谷岡ヤスジ,ジョージ秋山,日野日出志,上村一夫,辰巳ヨシヒロ徳間書店Amazon 最初は雑誌「アサヒ芸能」の特別版として雑誌形式で1970、1971、1972…

手塚治虫ワンダーランドの不条理な冒険『治虫の国のアリス』

治虫の国のアリス (TCコミックス)作者:上野顕太郎マイクロマガジン社Amazon まさにおもちゃ箱をひっくり返したような手塚治虫ワンダーランドの不条理な冒険ですよ。 ブラック・ジャック先生は刺し身が好きだったんですね。 幾つ元ネタが分かるかな。 私はア…

ポール・ベルナ『尾行された少年たち』

尾行された少年たち (学年別小学生文庫6年生 8)作者:ポール・ベルナ学研プラスAmazon 家族や親戚一同がフランス各地から待ち合わせ場所に向かって旅行する。主人公の兄弟は偶然子ども二人だけの旅行となった。はじめのうちは祖父の書いた計画書通り進んでい…

手塚治虫劇場―手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー

手塚治虫劇場―手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー 1991年11月2日発行 手塚プロダクション手塚治虫劇場―手塚治虫のアニメーションフィルモグラフィー手塚プロダクションAmazon 手塚治虫が制作したアニメ作品が手塚治虫のコメントと共に紹介されてい…

ファンが作ったドラゴンズの本!『明日に向かって打て』

明日に向かって打て―中日ドラゴンズファン読本土曜美術社Amazon 1987年4月発行。1986年から87年にかけて、星野仙一が監督就任、落合博満をトレードで獲得、近藤真一をドラフトで獲得と、中日ドラゴンズが盛り上がったようで、その勢いで出版されたのでしょ…

『ヤクルトがプロ野球を面白くする!!』90年代スワローズの黄金時代を予見した本

ヤクルトがプロ野球を面白くする!! (LUCKY BOOKS)作者:ヤクルト担当記者グループリム出版Amazon ちょっと珍しいヤクルトスワローズの本。 1992年7月出版。 その頃のスワローズの歴史をウィキペディアで調べると……。 1990年 野村克也が監督就任。新人の古田敦…

読売巨人軍にまつわる名言迷言を六曜に分類!そして巨人軍の未来は……?『永遠に仏滅です』

巨人軍は永遠に仏滅です―名言・迷言・醜聞でたどる栄光の過去と没落の未来 (広済堂ブックス)作者:国男, 畑田,ドラフト会議倶楽部廣済堂出版Amazon 関係者の名言・迷言・妄言から振り返る読売巨人軍の歴史と考察。六曜に分類して大安に始まり仏滅で終わる構成…

あなたは3日間で巨人軍と別れられません!むしろ巨人軍ファンになる本

あなたは3日間で巨人軍と別れられる―自分をダメにしないために (プレイブックス)作者:桂 三枝青春出版社Amazon 現在の桂文枝 (6代目)師匠が三枝時代に出した本。 これが出版された時はベストセラーになって話題になったもんです。 私がゲオで買った版は発行…

受験生の感性やイメージを点数化するのはやはり問題ではないだろうか

ことり (朝日文庫)作者:小川洋子朝日新聞出版Amazon (明日へのLesson)特別編:著者がとく 小川洋子さん 「ことり」×東北大学入試 https://www.asahi.com/articles/DA3S14957353.html 「問2はこの「やれやれといった様子」について、40字以内で説…

「読書療法」の向こう側とこちら側 村中李衣

お年寄りと絵本を読みあう作者:村中 李衣ぶどう社Amazon★絵本を読みあうということ―「読書療法」の向こう側とこちら側 ←旧版 著者は小児病棟や老人施設で子どもや老人を相手に絵本の読み合いをされている方。 読書療法といっても色々な方法があるようです。 …

赤目/いしみつ/ざしきわらし 現代漫画9 白土三平集

現代漫画〈〔第1期〕 9〉白土三平集 (1969年) 白土三平のマンガを読むのは初めてですが、なかなか深い世界観があるようで味わい深かった。【赤目】 最初、暴君による残虐シーンの連続で嫌になります。 暴君に妻を惨殺された男が一揆の扇動者になって復讐を遂…

中村文則『カード師』完結

カード師作者:中村 文則朝日新聞出版Amazon 今度の連載小説は占い師が主人公だぞ、と喜んだものです。 何となく占いによって人々が幸せになっていくというハートウォーミングなストーリーを想像したのです。 ところが始まってみると、主人公はトランプ賭博で…

眠れなくなる夢十夜

2009年6月に新潮文庫から発行された版を加筆修正した版らしい。 「こんな夢を見た」から始まる10の短編。 解説の類いが一切なく、短編が収録されているのみ。 解説や、せめてこの企画が立ち上がった意図などの事項がほしい。 私は解説などの周辺知識を読む…

火の鳥 7・乱世編 最後に火の鳥が登場する版をおススメします

今まで『火の鳥』を読んできましたが、どうも前衛的過ぎるというか芸術至上主義というか、独特の〝臭み〟が強すぎて後味が悪くてあまり好きになれなかった。 しかし本作品は独特の〝臭み”は弱く、普通のマンガ作品に近く、読みやすいと思います。 親しみやす…

日本版 ホームズ贋作展覧会〈下〉解説が充実

日本版 ホームズ贋作展覧会〈下〉 (河出文庫) なぜか上巻より先に下巻を購入。 先に読んだ海外版(全1巻)では解説がしょぼいと酷評しました。 “ホームズ贋作展覧会 解説に不満” https://diletanto.hateblo.jp/entry/2019/05/18/210450 しかし本巻では新保…

火の鳥望郷編 名作だから誰にでも薦められるというわけではない

火の鳥 6・望郷編 手塚治虫『火の鳥』は日本の文化史上に輝く名作だということは否定できません。 しかしそうだからと言って、誰にでも薦められるというわけではないのではないでしょうか。 もし私が心身共に弱って気晴らしにマンガでも読もうと思ってうっか…

「グッドバイ」朝井まかて

グッドバイ 朝日新聞夕刊連載小説『グッドバイ』が3月29日に完結していました。 私は新聞はその日に読めなくてたまっていく一方で、特に夕刊はどんどんたまっていきます。 ようやく1カ月遅れで最終回を読んだわけです。 『グッドバイ』は、長崎の油商人の家…

osakamastersが日根野イオンに登場!

イオンモール日根野のイベント広場で 【OMスペシャルパフォーマンスショー】が行われました。 団長はロシア人のようですが、大阪にパフォーマンス団体を設立したので【osakamasters】という名前だそうです。 30分ほどでしたが、見応えありました。 こうい…

火の鳥 5・復活編 レオナ(ロビタ)の前半生悪人説

火の鳥 5・復活編 物語はレオナ少年が事故死したところから始まります。 それまでの記憶についてレオナ少年は失っていますが、部分的に思い出します。 しかし、物語的に明らかになった事実はあまりにも少なく、レオナ少年の前半生については謎のままです。 …