OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

麒麟がくる 第33回「比叡山に棲(す)む魔物」ミカドの平和条約を破った奸臣は誰だ!?

麒麟がくる 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) 麒麟がくる 第33回「比叡山に棲(す)む魔物」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/33.html 今回、木下藤吉郎(佐々木蔵之介)は軍議に参加していないし登場もなかったけど、どこにいる設定なんでしょうか。 本作…

麒麟がくる  第32回「反撃の二百挺(ちょう)」姉川に先立つ外交交渉合戦

麒麟がくる 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) 麒麟がくる 第32回「反撃の二百挺(ちょう)」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/32.html 冒頭、将軍義昭(滝藤賢一)と摂津晴門(片岡鶴太郎)に呼び出された光秀(長谷川博己)が問答します。 今回の合戦は負…

ヒムラ―とマッサージ師とケストナー 人体ツボの研究

人体ツボの研究 経絡の流れに沿ってツボを解説。 なかなか専門的で、本格的な学術書みたい。 著者は大学教授としてツボと経絡の研究をされている方。 教授にまでなられるだけあって、文章も格調高く話題も豊富。 「はじめに」で、ハインリヒ・ヒムラーの専属…

風と雲と虹と 第36回 貴子無惨

今回、貴子(吉永小百合)が捕まって無残な最期を迎えるまでがじっくりと描かれています。 源扶(峰岸徹)は将門家の家人を使って良子(真野響子)らを罠にかける。 源氏の頭領だけあってずる賢い。 しかしいくら脅されたとはいえ、家人も応じるなよ。 私な…

麒麟がくる  第31回「逃げよ信長」明智光秀もいま死んではならない

麒麟がくる 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) 麒麟がくる 第31回「逃げよ信長」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/31.html 鬼の信長(染谷将太)が越前征伐に行った間に摂津晴門(片岡鶴太郎)・三淵藤英(谷原章介)・細川藤孝(眞島秀和)の幕臣3人のス…

風と雲と虹と 第35回 豊田炎上

今回、将門(加藤剛)が敗北して将門の本拠地豊田が炎上、厳しい落ち武者狩りが描かれます。 あまり楽しい展開ではないので簡潔にいきます。 援軍要請の旅の途中に倒れた将門は本拠地に戻る。 熱は下がったが脚気になっていた。 脚気になるとは、将門は玄米…

麒麟がくる  第30回「朝倉義景を討て」 光秀もなぜか乗り気?

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 麒麟がくる 第30回「朝倉義景を討て」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/30.html 帰省する光秀(長谷川博己)に奥さんが作った弁当を持って来た木下藤吉郎(佐々木蔵之介)。 抜け目ならない奴だ。 光秀は風…

クラシックの迷宮 ▽歌えば、天国!

10月17日の「クラシックの迷宮 ▽歌えば、天国!」は保存版といっていい内容。 クラシック音楽に歌詞をつけた曲の特集でした。 こういった曲、まだまだ無限にあるはずです。 シリーズ化して他の曲も色々紹介してほしい。 今日は一日〇〇三昧でもやってほしい…

風と雲と虹と  第34回 将門敗る

前回、出陣前に旗が折れた時からの続き。 今回、平将門(加藤剛)の初めての敗戦が描かれます。 将門ら首脳陣は旗を結び直して何事もなかったかのように振る舞い、出発します。 兵たちは不吉な事象に対して恐れを持ったのだから、ここは出陣を延期するか、不…

麒麟がくる  第29回「摂津晴門の計略」知名度も急上昇!

麒麟がくる 第29回「摂津晴門の計略」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/29.html 麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 今回、京都の政治関係のドロドロが描かれました。 『京~伏魔殿編』というらしいですが、その通り魑魅魍魎の世界です。 私は…

風と雲と虹と 第33回 凶兆

キネシオロジー関係の動画を見ていたため、気が付くと2カ月近く休んでいました。 また再開していきたいと思います。 今回、戦と訴訟に勝った将門達のつかの間の平和と再び合戦が始まるまでが描かれています。 訴訟に勝って京都から凱旋帰国。 命名「豊田丸…

麒麟がくる  第28回「新しき幕府」人事問題と派閥抗争

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 麒麟がくる 第28回「新しき幕府」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/28.html 今回の話は新しい幕府を作るに当たっての人事問題と派閥抗争の話で、私が最も苦手とする問題です。 人間関係とコミュ力に関しては…

麒麟がくる 第27回「宗久の約束」光秀の返答

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 麒麟がくる 第27回「宗久の約束」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/27.html 足利義昭(滝藤賢一)を迎えた信長(染谷将太)だが、義昭の武士らしくない態度に失望する。 確かに僧侶からいきなり武士になって…

花弁を光に透かして 高樹のぶ子

私が大学生だった頃、新聞で高樹のぶ子さんのコラムが連載されたことがありました。 理系というか自然科学系の話題を文系の立場から考察されていて面白かった。 面白いので毎回切り抜いて保存していた。 その連載がまとまって単行本になった時、購入したもの…

麒麟がくる  第26回「三淵の奸計(かんけい)」越前・阿君丸殺人事件!奸計の首謀者は誰だ!

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 麒麟がくる 第26回「三淵の奸計(かんけい)」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/26.html 次期将軍を抱えた朝倉家は義昭(滝藤賢一)元服の祝いの宴を開き、光秀(長谷川博己)も呼ばれる。 そこで発言を求め…

ナンバ健康法は欧米化した若者より日本人体形の中高年向きか!?

ナンバ若返り法―疲れない!気持ちいい!「新しい身体」を手に入れる! (知的生きかた文庫) 明治維新で西洋式軍隊術を取り入れる以前の日本人の歩き方をナンバと言うらしい。 ナンバ歩きだとかナンバ走りというのは確かに一時期ブームになっていたような気がしま…

麒麟がくる  第25回「羽運ぶ蟻(あり)」義昭昆虫記/東庵先生の人生相談コーナー

麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 第25回「羽運ぶ蟻(あり)」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/25.html 足利義昭(滝藤賢一)殿が敦賀で足止めしている間に立派なちょんまげ頭に。 坊さんでツルツルにしていても毛根が残っていたので剃るの…

麒麟がくる  第24回「将軍の器」

第24回「将軍の器」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/24.html 麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 松永久秀(吉田鋼太郎)が血気にはやる若い連中を抑えていたはずが、何かの手違いで若い連中が将軍足利義輝(向井理)を殺害してしまった。 世…

麒麟がくる 第23回「義輝、夏の終わりに」 光秀はなぜ言わなかった

第23回「義輝、夏の終わりに」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/23.html 麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 木下藤吉郎(佐々木蔵之介)から将軍足利義輝(向井理)暗殺のうわさを聞いた光秀(長谷川博己)は大和の多門山城に調査に向かう。そ…

和歌山の城は和歌山城だけちゃうで!温泉に入って食事・宿泊ができる湯浅城もあるのじゃ!!

和歌山県有田郡湯浅町の小高い丘に位置する国民宿舎・湯浅城です。 中心の天守閣の周囲を回廊状の壁と中庭が囲む形になっています。 天守閣はやはり上に行くほど小さくなっていきます。 5階が展望台、4階が展示室となっております。 1~3階が客室となっ…

風と雲と虹と 第32回 裁きの春

藤原純友(緒形拳)逮捕に向かう藤原子高(入川保則)・大中臣康継(村上不二夫)ら。 しかしここで物語は少し前に戻る。 前回将門(加藤剛)がすれ違った紀淑人(細川俊之)は、藤原忠平(仲谷昇)に呼び出されていたのだった。 紀淑人は伊予守に任命され、…

麒麟がくる  第22回「京よりの使者」

第22回「京よりの使者」 https://www.nhk.or.jp/kirin/story/22.html 麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) 思わぬ天災で3か月近く中断していましたがようやく再開です。 普段通りの生活が続いて普段通りTVを見てブログを書いたりする日常が一番…

赤目/いしみつ/ざしきわらし 現代漫画9 白土三平集

現代漫画〈〔第1期〕 9〉白土三平集 (1969年) 白土三平のマンガを読むのは初めてですが、なかなか深い世界観があるようで味わい深かった。【赤目】 最初、暴君による残虐シーンの連続で嫌になります。 暴君に妻を惨殺された男が一揆の扇動者になって復讐を遂…

風と雲と虹と 第31回 龍と虎と

貴子(吉永小百合)にとって気まずい状況。何も言えずに出て行く。 将門(加藤剛)は店の婆さんから貴子がここに居る事情を聴く。 結局二人は再会するのだった。 明け方に帰る将門。貴子は「またいらしてね」と言う。 将門は貴子をこのままにしておくわけに…

『歴史魂』NEO講談大全集 長宗我部元親 加藤清正 大谷吉継 石田三成

『歴史魂』<REKIDAMA>NEO講談大全集 其の弐 [戦国編2] 【長宗我部元親 土佐の風雲児、乱世に抗う!】【語り:神谷浩史】 戦国時代の土佐は土佐七雄と言われる群雄が割拠していたそうです。 その群雄割拠の状況から長宗我部元親が頭角を現し、やがては土佐を支配し、四国</rekidama>…

風と雲と虹と 第30回 遊女姫みこ

将門(加藤剛)が裁判のために京に出発。それを見送る季重(沢竜二)と鹿島玄道(宍戸錠)。 「おい都の泥棒!」 「何だ山賊!」 と言い合う仲は楽しい。 その頃、日振島の純友(緒形拳)達は、獲物がなく殺気立っていた。 ついには紀秋成(平田守)派と鮫(…

風と雲と虹と 第29回 脅える都

下野国府に戦の成り行きを説明に行く将門(加藤剛)。 最初はぎこちない雰囲気だったが、やがて友好的な雰囲気になっていく。 「まこと花も実もある武者とは豊田の殿のこと。これよりは坂東の武人の頭領と仰がれることは夢疑いありませんな」 と下野守・大中…

圧倒的な物量作戦で不透明感を凌駕圧殺!和歌山市民図書館

和歌山市民図書館を見学に行ったんやけど、すごく立派でお洒落だった。 圧倒的に広いスペースに四階建て。カフェも自習室も充実。もちろん蔵書量も圧倒的。 もう圧倒的な物量作戦で不透明感を圧倒しています。 施設そのものは文句のつけようがありません。 …

風と雲と虹と 第28回 坂東震撼す

今回は前回ラストの田原藤太(露口茂)と武蔵(太地喜和子)のシーンから。 どうやら行き倒れていた武蔵を藤太が助けたらしい。 武蔵は長居し過ぎたと思い、出て行く際に過去を明かすと藤太に約束する。 季重(沢竜二)も武蔵を探しに近くまで来ていた。 貴…

風と雲と虹と 第27回 折れた矢

良正(蟹江敬三)と合流した良兼(長門勇)は、貞盛(山口崇)にも参陣するよう使いを出す。 蓮沼五郎(小沢幹雄)はかなり強引に迫るが、貞盛も強引に追い返す。 弟・繁盛(佐々木剛)が独自に出陣の支度を始めたので強引にやめさせる。 少々弟扱いがひどい…