OLDIES 三丁目のブログ

森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える不定期連載ウェブログです。本日ものんびり開店休業中。

テヅコミ 創刊号 Vol.1 個人的ランキング&感想

テヅコミ 創刊号 Vol.1 私はマンガについては全くの素人で知識もないし読んだ作品も少ないので作品論をぶつつもりはありません。 完全に個人的な好き嫌いでランキングをつけさせて頂きます。 1位) 『プリンセスナイト』(原作:リボンの騎士/ローマの休日) …

フラットライナーズ 心肺停止からの蘇生実験!

フラットライナーズ [DVD] マッドな医学生が行う心肺停止からの蘇生実験! 回を追うごとに心肺停止の時間が長くなっていくのは、医学や科学の悪い意味でのエスカレーションを象徴しているのか!? 蘇生後につきまとわれる奇妙な現象は興味深い。これは心肺停…

水間観音・水間鉄道・水間公園・大阪泉州水茄子CURRY

泉南市に引っ越してきて7年目にして、ようやく水間観音にお参りしてきました。有益な情報を書く自信はないけど、個人的な覚え書き。 南海電車貝塚駅から水間鉄道に乗り換え。 最初は住宅街の中を走っていたのが次第に田舎の郊外の景色になり、山になってい…

3000円を積み立てる仮想通貨入門

3000円を積み立てる仮想通貨入門 分かりやすく読み応えあるので、仮想通貨の入門書として良い。 本書では仮想通貨投資の方法として、積み立て投資(ドルコスト平均法)が良いと書かれています。 ネットでドルコスト平均法について検索すると色々出てきます。…

東京オリンピック・パラリンピックは誰のため?/ナガサキの郵便配達/日刊ゲンダイも西村京太郎も登場!

週刊金曜日 2018年9/7号 [雑誌] 『週刊金曜日 2018年9/7号』 特集:同調圧力をけっとばせ! 東京オリンピック・パラリンピックは誰のため? 週刊金曜日2018年9月7日号 http://www.kinyobi.co.jp/tokushu/002640.php オリ・パラワイドその3・「選手団の旗・…

男はつらいよ 寅次郎物語と和歌浦

男はつらいよ・寅次郎物語 [DVD] 『男はつらいよ』シリーズを見たのはこれが初めて。 『ALWAYS 三丁目の夕日』で茶川先生を演じた吉岡秀隆がまだ子どもだった。 和歌浦の光景を見たかったのだが、寅次郎が人探しのために一瞬立ち寄っただけで、ロープウェイ…

マスク・オブ・ゾロ 幻の吹き替え版

マスク・オブ・ゾロ [DVD] ビデオテープの整理をしようと思って見たら、『マスク・オブ・ゾロ』が入っていました。 日本テレビの洋画劇場で放送されたものを録画したものと思われます。 この映画については以前ブログで感想を書いていました。 ■[名作文学][…

世界一上達が速い「英語耳」勉強法 斉藤英治

世界一上達が速い「英語耳」勉強法 再生速度を速くした英語音声を毎日聴くことで「英語耳」を作ることができる、という単純な理屈。 別に斉藤先生に独自な理屈ではなく、七田先生を始め、あの悪名高い“速聴”の田中何とかも含む多くの方が提唱している方法。 …

坂野比呂志の大道芸 下平富士男

前半3分の1ほどは坂野比呂志の大道芸口上とそれについての解説。 後半3分の2は著者・下平さんの批評文というか雑文。 坂野比呂志に関する文ということになっているけど、いつの間にかかなり自由奔放な頑固おやじの独演会になっています。 著者の下平氏につい…

立体音楽物語「新しい星の生まれるとき」

クラシックの迷宮 ▽立体音楽物語「新しい星の生まれるとき」NHKアーカイブスから 片山杜秀 NHKFM 2018年8月26日(日) 午後9:00〜午後10:00(60分) http://nhk.jp/H34cbJEc 楽曲 「「新しい星の生まれるとき」」 林 光:作曲 語り…村上冬樹、修一…藤田 …

白昼夢・指輪 江戸川乱歩

白昼夢 本当に白昼夢のような話。 筆者の経験を回想したような記述にしているのがポイント。 「香具師の口上にしては余りに熱心過ぎた。宗教家の辻説法にしては見物の態度が不謹慎だった」 「その男は、何々ドラッグという商号を持った、薬屋の主人であった…

どくまんじゅうにご用心!!―マンガ解説「消費税増税」

どくまんじゅうにご用心!!―マンガ解説「消費税増税」 わずか48ページの小冊子。 消費税の問題点がコンパクトに紹介されています。 (懐かしいマンガに関する小ネタギャグ付き) 消費税と雇用問題は大きな関連性があるようです。 消費税が上がるほど“仕入れ…

本当に恐ろしいみせものやさん フリーク・ハウス

フリーク・ハウス [DVD] お祭りで暴れて興業主の怒りを買った若者達が見世物小屋の人達に千倍返しのひどい目に遭わされる話。 これは怖い。こんな映画を見れば見世物小屋の人達が怖くなります。 この映画に登場するフリークス達は、 『五色の舟』(近藤よう…

井上大助『蜘蛛』『オペラの怪人』 TOMOコミックス

↑表紙ではなく扉絵です。 ハンス・エーベルス『蜘蛛』 ギイ・ド・モーパッサン『呪いの手』 ウイリアム・ワイマーク・ジェイコブス『猿の手』 独仏英の異色怪奇三大傑作集! 冒頭の『蜘蛛』は不可解な事件の連続で、一体どんなトリックなんだと楽しみにして…

アパートの鍵貸します 社会や人間関係の勉強に

アパートの鍵貸します [DVD] バクスター(バド)(ジャック・レモン)はコミュニケーションがうまい。 勝負どころを見分ける勘も鋭い。 もし私がバドの立場であったら、同じ展開にはならないだろう。 つまらん私小説のような展開になるんだろうな。 もっとも…

今からでも?リベラルアーツの学び方 瀬木比呂志

リベラルアーツの学び方 (ディスカヴァー・レボリューションズ) 前半4分の1ほどは著者のリベラルアーツに対する考え方・学び方などを述べたもの。 後半4分の3ほどはブックガイドになっています。 古き良き戦後民主主義の時代・大学の教育が教養課程と専門…

十八時の音楽浴 独裁政治の崩壊を描くアンチユートピアSF!

十八時の音楽浴 優雅なタイトルですが、物語は独裁体制のアンチユートピアを描いています。 定期的に洗脳音楽を聴かされるとか国民はモニターで監視されているとか、オーウェル『1984年』(1949年刊行)を思わせる描写も。 物語開始早々、独裁政権に重要な役…

小松亘監督が長い沈黙を破って制作する新作は何とあのドラマの41年後の続編!『たんぽぽ団地の秘密』

【あらすじ】 1973年、つぐみ台三丁目団地のスターハウス棟を舞台としたSF少年ドラマ『たんぽぽ団地の秘密』がTV放送された。 その時に主役を演じていた小松ワタルは現在は俳優を引退し、売れない映画監督となっていた。 監督は思い出の団地が取り壊し間…

盲獣VS一寸法師 触覚芸術のアウトサイダーアート

盲獣VS一寸法師 [DVD] 深く追求すると矛盾する点もあるようですが、これは整合性関係なく雰囲気を楽しむ映画でしょう。 しかし最初から水木蘭子(藤田むつみ)蒸発事件を気にしていたはずの明智探偵(塚本晋也)が盲獣(平山久能)の住居を突き止めたのにそ…

結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術

結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術 お菓子の新製品も際限がないようです。二輪自転車が走り続けないと倒れるように、お菓子も新製品を出し続けないといけないようです。 無理やりにでも需要を掘り出して買ってもらうことが仕事なのです。 その新商品…

満足した独裁支持者より不満足な抵抗者でありたい・独裁政治に屈しない!

NHK DVD ハーバード白熱教室1 [DVD] 大きな講堂の満員の聴衆を前にサンデル教授が講演。 時々聴衆に質問して、当てられた人が意見を言ってそれをもとに進行していきます。 もし私が当てられてもこんな適切なコメントできませんで。 しかし、箸にも棒…

八百万のノートの神さま・手帳の神さま・日記の神さま

昔からよく手帳術の本がありましたが、今回はノート術の本です。 私も今まで色々と手帳術の本を読んで実行してきましたが、いつも三日坊主でした。 要は続けられるかどうか。 簡単なことでも習慣化して続けられるとプラスになるものです。 しかし“ノートの神…

野の医者は笑う アカデコミカル・エンタメサスペンスノンフィクション

野の医者は笑う: 心の治療とは何か? 「野の医者」とは、国家資格を持った医師ではなく、民間で心や身体のヒーリングを行っている方々。 沖縄にはそのような方々が多いらしい。 沖縄の病院で勤務していた臨床心理士の著者(京大大学院出身)はトヨタ財団の研…

華麗なる探偵たち(第九号棟シリーズ) 赤川次郎

華麗なる探偵たち: 第九号棟の仲間たち1 〈新装版〉 (徳間文庫) すごい精神科病棟があったもんだ。 深く考えれば突っ込みどころ満載なのですが、まあ推理クイズ感覚で軽く楽しめばいいかと。 アラフィフにしてようやく赤川作品3冊目。 なお、私が読んだのは…

手にとるようにユング心理学がわかる本 長尾剛

手にとるようにユング心理学がわかる本 手軽そうなタイトルですが、細かい字で2段組で字がぎっしり詰まっています。なかなか本格的で詳しい記述。 一般人でもユングについてこれだけ知っていれば立派な教養ではないでしょうか。 「集合的無意識」という用語…

三の隣は五号室 第一藤岡荘五号室に住んだ人々の生活の断片集

三の隣は五号室 この物語の主人公は、アパートの一室です。第一藤岡荘五号室。 この部屋に住んだ住人の生活の断片が時系列バラバラで描写されています。 ほとんどの住人が一般的な庶民で、特に大きな事件が描かれるわけでもありません。皆さんそれなりに一生…

毛利元就 第26回 敵は亡霊

日本の戦国時代における中国地方の“三国志”を描いたNHK大河ドラマ『毛利元就』。 2013年に開始した『毛利元就』を再見する企画、とうとう6年目に突入してしまいました! (過去ログ) http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/archive?word=%2A%5B%CC%D3%CD%F8%B…

一畑電車で出雲大社へお詣り 

出雲大社近くで宿泊できなかったので松江で宿泊し、一畑電車で出雲大社へお詣りに行きました。 宍道湖の北側を一畑電車が走り、南側をJRが走っているんですね。 宍道湖とは大きな湖で、波打ち際の側を延々と走るのは普段見ない不思議な光景でした。 はるか遠…

読書する女 1988年映画版

読書する女 HDリマスター版 [DVD] 少し前に原作小説を読んだのですが、映画版が気になって観てみました。 原作では時制が同時進行だったけど、映画版では枠構造になっていた。 あの原作をこんな風に脚色するとは抜群のセンスだし洒落ている。 深刻ぶらずにい…

ユングの心理学 秋山さと子 講談社現代新書

ユングの心理学 (講談社現代新書) 1章から4章まではユングの人生を辿りながらその時点でユングが研究していたことを記述。物語形式になっていて面白い。 フロイトやその信奉者達との勢力争いは、ゴシップ的な観点から興味深かった。学者も派閥争いをするん…